法人概要

社会福祉法人杏樹会は、老人福祉介護事業並びに児童福祉保育事業を行っています。 anzu02老人福祉介護事業では、特別養護老人ホーム杏樹苑(従来型)・滔々館(ユニット型)、短期入所、訪問介護、通所介護、在宅介護支援、特別養護老人ホーム杏樹苑爽風館(ユニット型)、短期入所、杏花里デイサー ビスセンター、杏花里在宅介護支援センター、西武地区地域包括支援センター、東藤沢地域包括支援センター、の全20事業を運営しています。 児童福祉保育事業では、杏ほいくえん、あゆみ保育園、あずさ保育園を運営し、狭山市の指定管理者として狭山市/祇園保育所の運営も行っています。子供・保護者・地域社会とのつながりを大切にし、暖かい雰囲気でアットホームな保育を心掛けています。

■沿革

1998年1月 社会福祉法人 杏樹会 設立
1999年4月 特別養護老人ホーム 杏樹苑開設(従来型・定員50名)
杏樹苑  短期入所生活介護事業所開設(従来型・定員12名)
杏樹苑 在宅介護支援センター受託・開設
杏樹苑 デイサービスセンター開設(定員35名)
杏樹苑 ホームヘルプサービス開設
2000年3月 杏花里 デイサービスセンター(単独型)開設(定員35名)
2000年7月 杏花里 在宅介護支援センター受託・開設
2005年4月 特別養護老人ホーム 杏樹苑滔々館開設(ユニット型・定員70名)
杏樹苑滔々館 短期入所生活介護事業所開設(ユニット型・定員20名)
2007年4月 入間市西武地区地域包括支援センター受託・開設
入間市/杏ほいくえん認可・開設(定員90名) 保育事業開始
2008年4月 入間市特定高齢者介護予防事業受託
2009年4月 入間市東藤沢地域包括支援センター受託・開設
2011年4月 川越市/あゆみ保育園認可・開設(定員90名)
三芳町/あずさ保育園認可・開設(定員140名)
2014年4月 狭山市/祇園保育所 狭山市指定管理者として受託運営開始(定員120名)
2015年4月 特別養護老人ホーム 杏樹苑爽風館開設(ユニット型・定員100名)
杏樹苑爽風館 短期入所生活介護事業所開設(ユニット型・定員20名)

 

■従業員数

従業員数 533名 (2018年4月1日現在) 内訳 常勤267名 非常勤266名 男女比 女性83% 男性17%

■公開情報

・定款はこちら →定款

・法人役員名簿と役員報酬規程はこちら →評議員及び役員名簿  →役員報酬規程

・平成29年度決算状況はこちら →資金収支決算書

・現況報告書(平成30年4月1日現在)はこちら →現況報告書

・平成30年度法人目標・事業計画はこちら →H30年度 法人理念・目標

・平成29年度赤い羽根共同募金助成金による「ナースコール設備更新事業

特別養護老人ホーム杏樹苑において、ナースコール設備が経年劣化等により著しく不具合が発生し、個々に修繕を施して使用してまいりましたが、多くの設備で使用に耐えがたい状態となり修繕も不可能な状況となりました。今回、入所者へのサービス低下や職員の職場環境整備のために、施設全体のナースコール設備更新事業をさせていただきました。この度は、県民の皆様の貴重な共同募金を助成頂きまことに有難うございました。