ICTの導入および活用

ICT導入、活用の取り組みについて

当法人は介護ロボットやセンサー等の最新のIT機器を使用して、ご利用者および介護者の負担を軽減するとともに
コンピュータにできることはコンピュータに任せて、余裕の出来た時間をご利用者のためにつかうよう努めています。

導入しているIT機器(ソフト)等は下記となります。

青字のタイトルをクリックするとメーカーのホームページが表示されます。
導入製品の詳細を確認したい場合は、タイトルをクリックして下さい。

 

CYBERDYNE株式会社の「HAL🄬腰タイプ介護支援用」

HAL🄬腰タイプ介護支援用は、移乗介助のような介助動作において腰部にかかる負荷を低減することで、腰痛を引き起こすリスクを減らします。これまで通りの介護を楽に行うことができ、支えられる側だけでなく、支える側も支援します。
当法人では寝たきり状態で偏った皮膚圧迫による褥瘡を防ぐための交換時にHAL🄬腰タイプ介護支援用を使用しています。
ベットの上げ下げ作業を行わなくても、ご利用者の体位交換を無理なく実施できることで
時間短縮でご利用者の負担軽減および介護員の腰痛防止が可能となっています。

 

パラマウントベット株式会社の「見守り支援システム 眠りSCAN」

眠りSCANはマットレスの下に設置したセンサにより、体動(寝返り、呼吸、心拍など)を測定し、睡眠状態を把握します。
当法人では、認知症患者の睡眠状態の把握に役立てています。
眠りSCANで介護者の睡眠状態を確認できるので、夜間の見守りの際に
介護者を起こすことなく確認できるので助かっています。

 

株式会社バイオシルバーの「aams(アアムス)」

aams(アアムス)はセンサーマットから感知される心拍、呼吸、体動の生体情報をサーバーを通してモニターに表示します。
当法人では、看取り介護の際にaamsを使用してご利用者の容態の変化を確認して、家族へ連絡できる体制を整えています。

 

パラマウントベット株式会社の「介護用リフト」

端座位を保持することが困難な場合などは、リフトを使って移乗することで、ご利用者と介護者の両者の負担を軽減することができます。
ご利用者と介助する方の体格差が大きい場合などでも、リフトをお使いになることでより安全に移乗することができます。
当法人では介護リストを使用することで、介護員の腰痛の予防、痛みの防止と共に、ご利用者へ安心した介護を提供しています。

 

株式会社ワイズマンの介護・福祉向け製品

<導入製品>
・ワイズマンASPサービス、介護老人福祉施設管理システムSP、ケア記録オプション
・施設ケアマネジメント支援システムSP、デイサービス管理システムSP、施設ケアマネジメント支援システムSP
・ホームヘルプサービス管理システムSP、栄養ケア・マネジメント支援システムSP、すぐろくTablet

ワイズマンの介護・福祉向け製品を導入することで、下記のメリットがあり業務効率化を実施しています。
■入力負担を軽減
入所予定や提供票の情報を入退所状況に取り込めるので入力の負担が軽減され、業務を効率化できます。
■待機・空室状況の視覚的把握
入所状況を視覚的に確認し、待機者管理も行えるのでケアマネジャーとの連携がスムーズになります。
■タブレットで業務を効率化
タブレットからご利用者様の健康状態や介護状況を記録できるので、業務効率化に繋がります。
■ご利用者様のデータを総合的に管理
ご利用者様の情報や利用状況を一元管理してより満足度の高いサービス提供を実現します。