特別養護老人ホームは「生活の場」でありますので、日々の生活の中で想定される災害時の備えが必要とされておりますので、様々な災害を想定しました防災訓練を行いました。

   

ご入居者・ご利用者の皆様への災害に対する情報発信も重要でありますが、既存の職員を含め、新しく入職した職員もおりますので、消火器の使い方や避難経路の確認等を定期的に行う機会が重要だと思っております。

  

これからも計画的な実施を心掛け、不測の事態に備えてまいりたいと思います。