皆様こんにちは。新年も早いもので1月が終わりかけておりますが、如何お過ごしでしょうか。

さて、1月1日に続いてのレポートですが、テーマを何にしようか悩んでいたところ、昨年綴ってきたブログを見返して見ましたところ、内部研修会のお話が一度も出ていないことに気が付き、今回はこのテーマでレポートすることと致しました。

爽風館の館内研修は、年度計画に沿って、スタッフ皆が参加できるように年に20回程度様々なテーマに沿って実施されています。今回は今年2回目となりました、「口腔ケア講習会(2回目)」をクローズアップいたします。

歯科勉強会4

講師は爽風館の協力歯科医院である「あんず歯科」の先生にお願いして、「口腔ケアとは何をするのか」をテーマに誤嚥性肺炎を防止する為の知識と技術を学びます。

歯科勉強会5

歯科勉強会

総勢で20名程度の参加でしたが、それぞれが自分の知りたいことへの探究心からか、真剣に講義を受けておりました。先生からの講義を受けた後、2人1組になって実際に口腔ケアの実技を互いに行います。

歯科勉強会2

以前に、口の中を他人に見られるのは、「裸を見られるくらい恥ずかしいこと」と教えて下さった歯科衛生士の方がいましたが、確かに他人に口の中を平気で見せられる方はどの程度いらっしゃるのでしょうか?とこの様な研修を行うと考えてしまいます。

歯科勉強会3

参加したスタッフ一同改めて口腔ケアの大切さと、技術習得の難しさを確認した研修会となりました。昨年は、専門職としての私たち爽風館スタッフの自己研鑽をお届けする事が少なかったですが、今年は定期的に一応お勉強もしていることもお伝えできればと思います。次回はユニット毎に1月中に実施している「お鍋を囲む会」をレポートしたいと思います。